矯正歯科治療について|やの歯科医院
■■島根県出雲市斐川町 出雲 やの歯科 インプラント 矯正歯科 
 トップページ » 矯正歯科治療について
  ■ 矯正歯科治療について
やの歯科 矯正歯科 出雲 歯医者 島根 斐川 矯正 インプラント
   
やの歯科 矯正歯科 出雲 歯医者 島根 斐川 矯正 インプラント
   
 
やの歯科 歯医者 島根 斐川 矯正 インプラント  
    やの歯科では、以前は床矯正を中心に矯正治療を行ってきましたが、現在はワイヤー矯正を中心に矯正歯科治療 を行っています。 床矯正の利点、いつ でも取り外しができ る、清掃がしやすい 等はそのまま床矯正 の欠点にもなります。 つまり、患者さんが入れてくれなければ歯は思うよう に動かない。本人のやる気と意志によって治療成績 が左右されるのです。 それともうひとつは、床矯正では細かい歯の移動ができません。
だいたい歯は並んできたんだが、まだ上 下の歯が咬みあっていないところがある。

ワイヤー矯正では、このような場合、上下のブラケッ トにゴムをかけて上下の咬みあわせを良くすることが できます。また、ワイヤーで歯に弱い力をかけ続ける ことで、新しい骨ができてくることもあります。 抜歯や拡大をしなくても、スペースができてくると いうことです。しかし、ひたすらアーチを大きくする 治療をすれば、患者さんによっては強い上顎前突に なってしまいます。そのような場合はやむを得ず抜 歯します。
やの歯科 矯正歯科 出雲 歯医者 島根 斐川 矯正 インプラント
 
 
やの歯科 歯医者 島根 斐川 矯正  
 
やの歯科 矯正 N様  
矯正前 矯正後
やの歯科 矯正歯科 出雲 矯正 島根 歯医者 斐川 インプラント やの歯科 矯正歯科 出雲 矯正 島根 歯医者 斐川 インプラント
 
やの歯科 矯正 K様  
矯正前 矯正後
やの歯科 矯正歯科 出雲 矯正 島根 歯医者 斐川 インプラント やの歯科 矯正歯科 出雲 矯正 島根 歯医者 斐川 インプラント
 
やの歯科 矯正 I様  
矯正前 矯正後
やの歯科 矯正歯科 出雲 矯正 島根 歯医者 斐川 インプラント やの歯科 矯正歯科 出雲 矯正 島根 歯医者 斐川 インプラント
 
   
やの歯科 歯医者 島根 斐川 矯正  
   
      やの歯科 矯正歯科 出雲 歯医者 島根 斐川 矯正
    ワイヤー矯正は小学校の中学 年ぐらいから始めます。 それまでは筋機能訓練をして、 咬む力を強くしたり、顎を大きくするような咀嚼の練習をしたり、口を閉じる練習を したりします。 ワイヤー矯正もブラケットとうい金具(金属)をプラ スチックにしたり、陶器にしたりすると、さほど見た目 は悪くありません。 どうして小学生から始めると良いのかというと、高校 生ぐらいになると、顎関節を作っている下顎頭のまわ りの骨が成長して出てきてしまいます。 このことにより、上顎前突、反対咬合の治療等が難しくなったりします。時には顎を切るような外科治療をし ないと治らないこともあります。
矯正治療は始める時期を考えて始めれば、さほど難 しい治療ではありません。できるだけ早めの相談をお 勧めします。
   

【料金は、片顎】
 ・プラスチックブラケット+ワイヤー  7万円
 ・保定装置                 2万円
 
   
 
 
    やの歯科 矯正歯科 出雲 歯医者 島根 斐川 矯正  




 
 
▲ページの先頭へ