う触(虫歯)について|やの歯科医院
■■島根県出雲市斐川町 出雲 やの歯科 インプラント 矯正歯科 
 トップページ » う触(虫歯)について
  ■ う触(虫歯)について
やの歯科 矯正歯科 出雲 歯医者 島根 斐川 矯正 インプラント
   
やの歯科 歯医者 島根 斐川 矯正 インプラント
   
 
やの歯科 矯正歯科 出雲 歯医者 島根 斐川 矯正 インプラント  
 
う蝕は、日本では古くから虫歯として呼ばれてきま した。歯の表面が虫に喰われたように穴が開くから です。 う蝕が起こるプロセスは、まず歯の表面にう蝕菌 が付着し菌塊を形成します。これは歯垢(デンタル プラーク)と呼ばれています。この中でう蝕菌は砂 糖を取り込み酸を作ります。この酸に歯が長時間 さらされることにより歯の表面からカルシウムが溶 け出し穴が開いてしまうのです。 デンタルプラークとは歯に付着するネバネバした 汚れで、成分のほとんどが細菌です。砂糖などが 摂取されるとプラーク内で酸が作られ、う蝕の原 因となります。
 
  やの歯科 矯正歯科 出雲 歯医者 島根 斐川 インプラント 矯正

 
 
やの歯科 矯正歯科 出雲 歯医者 島根 斐川 インプラント 矯正  
    歯には硬組織の部分と神経の部分があります。硬組織 にはエナメル質象牙質が あります。 エナメル質は人体でもっと も硬い組織でハイドロキシ アパタイトという物質でで きています。 象牙質は有機質のコラーゲンを含んでいてエナメル 質より柔らかい組織です
 
やの歯科 矯正歯科 出雲 歯医者 島根 斐川 インプラント 矯正
 
 
 
やの歯科 歯医者 島根 斐川 インプラント 矯正 虫歯  
  やの歯科 歯医者 島根 斐川 インプラント 矯正 虫歯 C1 初期のむし歯
    エナメル質にとどまっているう蝕 でC1といいます。この程度のう蝕 では、痛みを感じることはりませ んので、自分で発見することが不 可能です。
   
 
  やの歯科 歯医者 斐川 島根 【治療としては】
    シュガーコントロール、プラークコントロールを しながら経過を見たり、シーラントを行ったりし ます。この治療ではほとんど痛みはありません。
 
やの歯科 矯正歯科 出雲 歯医者 虫歯 島根 斐川 インプラント
 
  やの歯科 歯医者 島根 斐川 インプラント 矯正 虫歯 C2 中期のむし歯
    う蝕が象牙質まで進行した状態を C2といいます。この段階になると 冷たいものや甘いものがしみるな ど自覚症状があらわれます。
   
 
  やの歯科 歯医者 斐川 島根 【治療としては】
    レジン(プラスチック)や金属でつめる事になり ます。この治療では麻酔をすることもあります。
 
やの歯科 矯正歯科 出雲 歯医者 虫歯 島根 斐川 インプラント
 
  やの歯科 歯医者 島根 斐川 インプラント 矯正 虫歯 C3 後期のむし歯
    う蝕が象牙質まで進行した状態を う蝕が歯髄(神経)にまで進行した ものをC3といい、炎症を起したりす るととても激しい痛みを伴います。
   
 
  やの歯科 歯医者 斐川 島根 【治療としては】
    通常麻酔をして、神経を取り除き消毒をする必 要があります。
 
やの歯科 矯正歯科 出雲 歯医者 虫歯 島根 斐川 インプラント
 
  やの歯科 歯医者 島根 斐川 インプラント 矯正 虫歯 C4 末期のむし歯
    う蝕が象牙質まで進行した状態を う蝕が進行し、歯根しか残ってい ない状態をC4といいます。この段 階では、炎症が根の先まで進行し ていますので、噛んだ時痛かった り、体調が悪い時に腫れたりしま す。
   
 
  やの歯科 歯医者 斐川 島根 【治療としては】
    腐敗した神経を取り除き、消毒する必要がありま すが、場合により歯を抜くこともあります。
 
やの歯科 矯正歯科 出雲 歯医者 虫歯 島根 斐川 インプラント
 


 
▲ページの先頭へ